梅の意外な利用法

梅の意外な利用法について

梅の意外な使い方についての使用方法についてのページです。


                                             管理人

梅の木の意外な利用法について

果実を収穫したあとの枝は、農場によっては粉砕して翌年の
肥料とする所も少なくないようです。土に優しい肥料ですね。
それ以外にも、枝や木には意外な利用法があります。


*枝の変身
枝は、綺麗に削り、3ヶ月もすると完全に乾燥させることが
出来ます。自然のものなので、湾曲していたりすることもあり
手直しは必要ですが、独特の暖かみのあるフォルムは手によく
馴染み、個性豊かで品のある「箸」が出来ます。


更に梅の枝は、草木染めに使用することも可能です。きちんと
手順を踏んで染めると、薄いピンク色のような、赤みのある茶色
のような綺麗な梅の色に染まります。桜色ともまた違った風合い
を楽しむことが出来るでしょう。


*木の変身
美しい茶の表面に、中は鮮やかな黄金色。梅の木の綺麗な外見
を存分に生かし、食器や雑貨へと生まれ変わることが出来ます。


例えば小鉢やぐい呑みは、梅の木の表情を生かしたまま、非常
に風情溢れる器となってくれます。一つ一つの個性が活きた、
二つとない食卓の華となるでしょう。


他には、ペンスタンドや花器へ姿を変えることも出来ます。
自然のままの傷や穴もそのままに、更に身近で、長く長く生活
を共にしてくれることでしょう。


梅の果実には様々な加工法があり、保存食となり、長く私達
を支えてくれます。同様に、木や枝もまた時に形を変え、私達
を支えてくれるのです。


長く共に生きていけるよう、大事に使いたいものですね。


スポンサード リンク