梅と健康

梅で健康になろう

梅は健康食として日本のみでなく、世界の中でも注目されています。

おいしく効率的な梅の食べ方を見ていきましょう。


                                             管理人

梅の健康効果について

梅の果実には薬効があり、健康食品として幅広く愛されてい
ます。漢方に使用されることもある程に、その効果は実証され
ており、様々な健康効果があります。


その酸味から、一見酸性の食品と思われがちですが、実は梅
はアルカリ性!


酸っぱさのもとであるクエン酸、カテキン酸などの有機酸は、
強い酸性反応で胃や腸の中のばい菌の発育を抑制してくれます
が、腸から血液に入るまでにアルカリ性に変化します。


血液中のアルカリ性を高めることで循環を良くし、血液をサラ
サラに保ち、様々な病気に有効作用します。


梅の健康食品について

*梅干し*
梅と言えば、青梅の状態で食すことはまずほとんどありませ
ん。代表的な加工法と言えば梅干しですが、梅干しには

・血液を綺麗にする
・疲労回復
・解毒作用
・美肌作用、老化防止
・減菌、抗菌作用
・解熱、鎮痛、消炎作用
などの効果があります。


梅干しを漬ける際には塩も使用し、塩分も含みますので夏バテ
防止や熱中症予防に抜群の効果を発揮します。お弁当が傷まな
いように梅干しを入れるなど、暑い季節には殊更活躍してくれ
るでしょう。


*梅を貼る*
民間療法として、「梅を患部に貼ると良い」とよく耳にします。
実際に、疲れ目の際にはまぶたに、乗り物酔いにはヘソに、頭痛
の際にはこめかみ、歯痛の時はほほや患部に、発熱の際には額に
貼ると効果があるとされています。


*梅茶*
梅干しを熱いお茶に入れて飲むと、
・食欲促進
・鎮痛
・二日酔い緩和
に効果があると言われます。体調を整えたい際には飲んでみ
ると、効果があるかも知れませんね。


その他にも、梅の種の中にある「梅仁」と言われるものには
梅干しと同じく減菌や抗菌の作用に合わせて、不老強精や気力・
体力の増強、便秘の予防効果があるとされています。


更に梅干しや梅肉エキスは下痢にも効果的とされており、疲労
回復や乗り物酔い、冷え性対策だけでなく、動脈硬化や高血圧、
神経症、胃潰瘍、腎臓病や肝臓病などにも予防・治療効果がある
と言われています。


二日酔いには、更に血液サラサラ効果の高まる焼き梅がお勧め
の摂取方法です。


ただし、梅干しには塩分もしっかりと含まれています。塩分の
摂り過ぎも体にはあまり良くありませんので、一日3個程度を
目安に取り入れましょう。


また梅は胎児・妊婦さんにも良いとされていますので、妊娠中
に酸っぱいものが欲しいと思う妊婦さんには、是非梅の摂取を
お勧めします。


梅は、まさに老若男女に万能の食品と言っても過言ではないで
しょう。


スポンサード リンク