梅の肥料

適切な施肥を行い美味しい梅をつくりましょう

美味しい梅の実を作るのに施肥は必要な作業です。

梅の肥料について解説したページです。


                                             管理人

梅の施肥について

大きくて美しい梅の実を付けるには、適切な時期に適切な肥料
を与える必要があります。与えすぎると生理落下という現象で
実が落ちてしまったり、反対に与えなければ実が大きくならな
かったりします。


基本的に梅は年3回肥料を与えると良いようです。当然、その
土地の土壌や気候により左右されますが。


■12月〜1月
剪定が終わった後になたねなどの有機肥料を与えます。この
時期は新芽や花を咲かせるのに沢山の栄養が必要になります。


■3月〜4月
花が終わったこの時期に、即効性の化成肥料を与えます。実が
大きくなる時期なのでとても大切な施肥となります。実肥とも
言われます。


■7〜8月
梅の収穫が終わってから、春と同じく化成肥料を与えます。梅
の木にありがとうとお疲れ様の意味を込めてたっぷりと肥料を
与えます。俗にお礼肥と言われるものです。




スポンサード リンク